異業種交流

異業種交流促進事業

当組合は全国エリアで、異業種の組合員からなる集まりです。


異業種のニーズ+異業種のニーズのマッチング


異業種のニーズ+大学・研究機関のシーズのマッチング


目的達成の為の産・学・官・金連携の推進(産=民間、学=大学等、官=行政等、金=金融機関)


など、様々なビジネスの可能性の機会を創出します。


また、地域における中小・小規模企業の連携、連動、協働は大きな力となります。
異業種の強みを活かした共同受注の枠組みにも積極的に取り組んでおります。

私たちは、コーディネーション(調整、同等な立場で)機能の役目を果たしたいと考え、
日々、組合員への訪問活動、情報収集を続けております。

共創型企業・人材展開プログラム

共創型企業・人材展開プログラム

様々な環境変化の中、地域企業・地域産業は北陸・金沢においても大きな変革が求められています。
「共創型企業・人材展開プログラム」では、大都市圏の中核人材を課題解決に取り組む地域企業とマッチングし、地域企業と中核人材が6ヶ月間、様々なステークホルダーと対話しながら新しい価値を生み出していく環境を提供することで、地域企業や中核人材の「共創」による変革を目指します。
地方での新しいワーク・ライフの創出と地域企業での新たなキャリア形成に興味がある高度な専門性を有する中核人材を地域企業へマッチングするとともに「金沢大学客員研究員」として新たに6名〜10名を受け入れ、金沢大学の教員や外部講師と協働しながら、県内の企業個々の経営課題解決支援に取り組みます。またプログラム修了後、客員研究員の地域内定着にも挑戦する取り組みです。

富山“Re-Design”ラボ

富山 “Re-Design” ラボ

「富山 “Re-Design” ラボ」は、富山県の未来を担う企業と自身のキャリアをRe-Designし、地域企業の持続的な価値創造と外部中核人材による地域活性化を図る実践型リカレントプログラムです。
不確実な時代、地域産業、企業においても、これまでの成功や結果から導き出だすのではなく、未来を見据え自らを再定義し、最適解を導く“Re-Design”による変革が求められています。
この“Re-Design”の輪を地域へ広げるために、産学官金が連携し、大都市圏からの専門性やスキル、マネジメント能力を有する人材を富山大学の協力研究員として受入れ、未来に向け変革を進める企業とマッチングを行います。
協力研究員は半年間、地域に住みながら、富山大学のリソースを活用した特色あるリカレント教育の受講とマッチング先企業での経営課題解決の実践を行い、自身、企業、地域を深く見つめ研究を行います。
半年後の最終報告会において、自身と企業、地域の“Re-Design”シナリオと経営課題解決の取組み成果を発表します。