LOOKING
FOR A
CHALLENGER

共創型企業・人材展開プログラムにチャレンジしたい方へ

MISSION

自身の「知識と志」を地域で展開し、
自身をアップグレードせよ

応募フォームはこちら

「はたらきまなびRegional」オンラインフォームへ

フィールド 課題解決に取り組む石川県内企業等
期間 2021年10月〜2022年3月
ミッション 各自フィールド企業の経営や事業に参画(期間・各種条件の中で)
  • これまでのキャリア・ビジネスフィールドで培った能力やネットワークを最大限に活用し、地域企業の課題解決に取り組むこと
  • 上記1.のため金沢大学の課題解決研究・人材育成プログラムに参画すること
  • 今後の自身のキャリア(ワーク・ライフ)をデザインすること
求められる人物像
  • 特定の専門性を有しながら、新たなチャレンジをとおして、自立的なキャリア形成を望む人
  • そのチャレンジの場所や機会として当地域に可能性を見出している人
  • クロスアポイントメントや兼業・多地域居住など地方での新たな働き方の創出を志向する人
活動資金 研究費や日常生活支援として、参画企業より30万/月(計180万円)を支給
(各企業での活動においては個別に調整)
応募期間 〜2021年8月27日(金)※募集は終了致しました。多数のご応募ありがとうございました。
応募条件 プログラム期間中(2021年10月〜2022年3月)において
  • 週5日間、当地域において下記の活動ができること
    • 週4日、石川県内企業等で勤務が可能であること(勤務時間は、参画企業の規定に準じます)
    • 週1日、金沢大学キャンパス(金沢)等でゼミ参加が可能であること
      ※参画企業等への通勤、ゼミへの参加時の交通費及びゼミでの宿泊費・飲食費は自己負担
  • プログラム期間中における、住居、交通手段は自身で確保・手配すること
    (詳細は、参画企業との決定後の調整となります)
応募後の流れ
  • 応募後、はたらきまなびRegional事務局(プログラム事務局から募集業務を委託)より、今後の選考の進め方等について、メールにてご連絡を差し上げます。
  • 記載いただいた応募内容と参画企業での研究テーマに照合し、該当する方に対し、随時、プログラム事務局から、記載いただいた連絡先にメール、電話にてご連絡を差し上げます。
  • プログラム事務局との面接、参画企業との面談の後、本プログラムの研究員としての参画が確定します。
    (面接・面談によってお見送りになる場合もございます)
  • プログラム事務局との面接や、企業との面談は、ZOOM等オンラインにて行う予定です。石川県内に来ていただくことが必要になった場合は、交通費として1万円を後清算いたします。
応募フォームはこちら

「はたらきまなびRegional」オンラインフォームへ

  • 金沢大学の客員研究員として企業の新しい形を研究

    金沢大学の客員研究員として企業の新しい形を研究

    大学教員がスーパーバイザー役となる少人数制のプログラムにより、地域企業の課題解決と高度化プロセスの研究に携わります。
    また、大手外資系コンサル19年の経験を持つ外部講師による課題分析やケース・メソッド学修を通じて、地域企業の課題解決や、持続的な発展に向けた方策についての理解と考察を深めます。

  • 異業種による共創産業をの企画と展開

    異業種による共創産業の
    企画と展開

    地域企業の経営者や金融機関との交流の場を設け、地域社会や産業に対する基礎体力をつける場を提供。
    その基盤を基に、多様な業種に入って活躍する他の研究員と共に、新しい異業種でのビジネス・共創産業の企画と展開を目指します。

  • 地方でのワーク・ライフをつくるインターンシップとしての機会

    地方でのワーク・ライフをつくる
    インターンシップ

    約6か月間、北陸(主に金沢およびその近接地域を想定)で、首都圏とは異なる地方でのワーク・ライフの経験を通じ、自分らしく働くことを考える機会を得ることができます。地域の魅力を活かして働き暮らす生活スタイルづくりを試みる機会となります。

  • 地域企業での学び

    地域企業での学び

    ご自身のこれまでのご経験を企業経営の現場で活かし、実体験を通じて地域企業の「経営」を知る、または実践することで、ビジネスパーソンとしてのこれからの具体的なキャリアパスを形成する機会を得ることができます。

客員研究員は、週4日は参画企業に伺い経営課題の整理・解決を行いながら、週1日は、大学の「総合演習」「個別ゼミ」「集合研修」で教員・大学・専門家の知見を活用し、共創型産業展開のための研究を行います。
2022年3月に開催する最終報告会にて、研究成果を発表いただきます。

学び・研究のイメージ

受入予定企業は今後、順次追加される予定です。

  • 株式会社 宗重商店

    https://www.munejyu.com/

    業種
    解体事業、リサイクル・リユース事業、幼児教育事業
    ミッションテーマ
    当社業務「属人化の解消」「属人化の改善」「業務フローの標準化」の構築
    ミッション背景
    創業82年の歴史で培った経験と技術を武器としながら、今後さらにお客様に感動を与えるサービスの創出や、従業員が働きがいのある企業を実現するために、業務プロセスの標準化とマニュアル化、業務ツールの統一をする事で誰にでもこなせる業務プロセスへ進化させ、これらを常に評価測定し改善を進める事が出来る組織へ成長させたい。
  • 石川メッキ工業株式会社

    https://www.i-mekki.co.jp/

    業種
    表面処理製造業
    ミッションテーマ
    持続可能な企業体制の確立に向けた、ガバナンス強化による企業変革とブランド力向上
    ミッション背景
    電子部品等の各種めっき加工を行う、表面処理加工の専門会社。新技術、新分野へのチャレンジを続けており、今後の企業成長を実現するためにESGを考慮した経営体制の確立が重要だと認識している。中でも、品質管理や環境配慮を中心としたガバナンス強化が必要不可欠であり、体制構築が急務だと考えている。電気自動車分野への参入も視野に入れており、適切な企業統治と内部統制により、サプライチェーンとしてのブランド力の向上を目指したい。
  • 会宝産業株式会社

    https://kaihosangyo.jp/

    業種
    中古自動車部品卸売業
    ミッションテーマ
    KRAシステムを基盤とした、グローバルな中古部品流通ネットワークの構築
    ミッション背景
    当社は自動車リサイクル事業を生業としており、車輌仕入れから解体・部品管理・販売までを一元管理できる、独自開発した自動車リサイクル総合管理システム「KRAシステム」を運営している。現在、国内70社超の同業者が当社とアライアンスを組み、「KRAシステム」を活用しているが、更なる利便性の向上により「競争」から「協調」への動きを加速させ、中古自動車部品輸出のプラットフォーマーとしての確固たる地位を築きたい。
  • 田中昭文堂印刷株式会社

    http://www.kagasaisei.co.jp/

    業種
    印刷業(オフセット印刷・オンデマンド印刷)
    ミッションテーマ
    Webマーケティング戦略の構築・実装を核としたインサイト営業の強化
    ミッション背景
    当社は印刷業務全般からマルチメディア商品の企画・運用まで幅広く取り扱う総合印刷会社です。選ばれる印刷会社になるためには、お客様のマーケティングや事業そのものを支援することが必要だと考えており、能動的・戦略的にお客様の抱える潜在的な課題を解決できる営業体制を確立する必要があります。まずは自社内でWebマーケティングのノウハウを蓄積し、お客様向けサービスに転嫁できるよう体制を構築したいと考えています。
  • 株式会社タガミ・イーエクス

    http://www.tagamiex.co.jp/

    業種
    産業・建設機械製造
    ミッションテーマ
    社内DXの推進による生産性と品質の向上
    ミッション背景
    当社は板金・鍛圧機械、工作機械、建設機械、環境機械などの多種多様な機械・装置を製造している老舗メーカーです。生産性を向上させ、競争力を強化するために、新たなICTツールの導入やアプリを作成・活用し、社内の膨大なデータ利活用するほか、業務プロセス改善を推進しています。現在、社内DX推進プロジェクトを立ち上げ、専担者1名を配置していますが、本プログラムによりDXプロジェクトを加速させたいと考えています。
  • 加賀建設株式会社

    https://kagaken.co.jp/

    業種
    総合建設業
    ミッションテーマ
    私たち建設業だからできるDXの実現
    ミッション背景
    当社は港湾・海洋土木工事、公共工事を得意とする総合建設会社です。徹底した省力化、ICT施工分野の高度化・拡張、点検技術の導入を通して、道路・河川・港等の小規模インフラから、建築物の点検・診断・維持補修まで手掛ける、包括的民間委託ビジネスモデルの展開を模索しており、いざ災害という時はすぐに駆け付ける、いわば「地域インフラの町医者」を目指しています。
  • 珠洲鉢ケ崎ホテル株式会社

    https://suzu-beachhotel.jp/

    業種
    ホテル・スポーツクラブ運営
    ミッションテーマ
    業務効率化とリブランディング
    ミッション背景
    当社は、能登半島の先端に位置し、日本の渚百選に選ばれた『鉢ヶ崎海水浴場』がすぐ目の前のリゾートホテルです。昨今のコロナ禍の影響で先行きが見通せない状況が続いており、当社も苦戦を強いられていますが、アフターコロナに向けたリブランディングが目下の課題となっています。足元ではオペレーションの見直しによる業務効率化を進めながら、中長期的にはコンセプトを一新し、更なるブランド力の向上を図りたいと考えております。
    *アステナHD株式会社との連携事業になります。
  • 株式会社エムアンドケイ

    https://www.maimon-susi.com/

    業種
    飲食店(和食、イタリア、ビストロ、中華)を日本国内、海外に44店舗を展開
    ミッションテーマ
    新商品開発による商品の付加価値の創造、テイクアウト、小売店販売、EC物販の拡充
    ミッション背景
    当昨今の情勢により、店舗座席数の減少や営業時間短縮から、当社の柱となっている飲食店舗の売上が減少、店舗売上に続く柱を創り出すことが急務となる。そこで、金沢まいもん寿司ブランド新商品の開発をすることでテイクアウトや小売店販売、並びにEC物販の強化を図り、時間や情勢に左右されない売上として、次の柱へ成長を果たす。
  • 株式会社中田屋

    https://www.kintuba.co.jp/

    業種
    菓子製造販売
    ミッションテーマ
    「真心を美味しさにかえる」ための組織づくり
    ミッション背景
    当社は「きんつばの中田屋」で親しまれている、老舗の和菓子製造会社です。コロナ禍の影響で、当地の観光産業は大きな打撃を受けており、お土産物を主力品とする当社も苦戦を強いられています。取り巻く環境や仕事をする環境、仕事をする社員の意識も大きく変化する中、この苦境を乗り越えるためには、社員のエンゲージメントとモチベーションを高め、強い組織体制を構築することが重要だと考えています。
令和2年度受入希望企業

  • 佐無田 光

    佐無田 光(さむた ひかる)

    金沢大学人間社会研究域経済学経営学系 教授・博士(経済学)

    略歴
    専門は地域経済学。金沢大学経済学部講師、准教授を経て現職。主な著作として、『地域包括ケアとエリアマネジメント』(共編著)、『2025年の日本 破綻か復活か』(分担執筆)、『北陸地域経済学』(共編著)など。
  • 平子 紘平

    平子 紘平(ひらこ こうへい)

    金沢大学 先端科学・社会共創推進機構 特任助教

    略歴
    専門は産学官連携による総合的な課題解決、地域課題を起点とした異分野融合研究。都市銀行勤務、大学発ベンチャー代表を経て現職。著作として、『地域包括ケアとエリアマネジメント』(共編著)
  • 北村 大治

    北村 大治(きたむら だいじ)

    信州大学 産官学連携特任教授(2020年10月1日〜)/特定非営利法人SCOP 主席研究員/株式会社Social Arts Consulting 代表取締役

    略歴
    信州大学繊維学部卒、同大学院イノベーションマネジメント修了。地方自治体・地域公共機関への政策提言、政策策定の経験が豊富。中小企業支援機関勤務、SCOP専務理事の経験より、地域企業のコンサルにも強みをもつ。
  • 山本 美樹夫

    山本 美樹夫(やまもと みきお)

    大学院大学至善館 専任教授/信州大学 特任教授/合同会社RBX パートナー

    略歴
    東京工業大学金属工学科卒、総合理工学研究科修士課程修了。シカゴ大学経営学修士課程修了。専門は企業コンサルティング。19年間の大手コンサル会社勤務・自身での起業・ベンチャー企業支援等の経験から、大企業〜創業企業まで幅広く、企業支援が可能。
このページをPDFで
ダウンロード
応募フォームはこちら

「はたらきまなびRegional」オンラインフォームへ